花小金井の住宅

築25年の2階建て木造住宅の1階部分の改修。子供家族が集まれるように、壁で分断されていた3つの部屋をつなげ、台所を前面に移動して、アイランドキッチンやダイニングテーブルで部屋を一体化させている。また焼き物をはじめ、蓄積してきた様々な「もの」を陳列するため、奥行きの浅い収納と棚を壁面に沿って制作し、代々使われていたアンティークの家具やオブジェなどと一緒に積極的に見せることを考えた。収納や家具に沿っては二重のレースカーテンをカーブを描くように設置し、埃の問題や猥雑感を解消するとともに、一体感のある空間をつくり出している。「もの」が違った見え方をして、新たな関わりができることが生活を豊かにするのではないかと思う。

  • 主要用途:専用住宅
    所在地 :東京都小平市
    照明設計:福多佳子

  • 床面積:56.46㎡
    施工 :幹建設
    期間 :2004年6月〜2004年11月