白金の住宅

築35年の鉄骨造3階建て住宅を外形にはほとんど手を付けず、耐震補強を施しながら内装を一新した。1階はガレージと作業場、2階は可変性のあるプライベートなフロアとし、日当たりの良い3階をLDKとしている。住まい手のこだわりと元々あった昔ながらの建具やガラスが印象的で、なんとなく「レトロ感」を演出するような内装になった。特にトイレや洗面所といった水回りで主に腰壁タイルとして使ったものが雰囲気を出し、この家の特徴にしている。

  • 主要用途:専用住宅
    所在地 :東京都港区

  • 床面積:115.78㎡
    施工 :匠陽
    期間 :2010年12月〜2011年10月